Hoa Phatグループの現場見学(2010年11月)

2010年11月18日ー20日の3日間、ロータスIMCの代表者であるNguyen Duc Tai社長が国内外の18組織投資家の代表者と共にHa Noi, Ha Giang, Hai DuongにおけるHoa Phatグループの不動産、鉱山、総合鉄鋼コンプレックの現場を見学しました。証券投資新聞の2010年11月24日刊に本件及びHoaPhatにつけるTai社長の発表を掲載しました。以下、内容を述べさせていただきます。

「Hoa Phatグループは整然とした投資方法があり、力をいれて最良な投資チャンスを捜索し、特に関連会社の買戻し或いは事業拡張に当たり慎重且つ明快な決定に基づき行っています。

建設鋼鉄業界の競争が激しい状況の中、大規模に伴う製造費用の減少、製造材料の自給及びクローズドシステム製造プロセスで、蓄積された経験により、Hoa Phat鋼鉄が十分競争能力を有すると考えます。

一方、事業を拡大する為に、Hoa Phatグループは鋼鉄や石炭コークス分野を中心に固定資産への投資継続を予定しました。それは配当金率に影響を与え、株式の希薄化若しくは来年以降の貸出資本を増加させることに繋がると考えます。

但し、なんといっても、Hoa Phatグループの商標・管理・業績・長期的な展望・株主に対する責任感の多面では良好な民間企業だと評価しております。

見学の写真:

Hoa PhatグループはロータスIMCが今後も投資また研究・監督し続けるベトナムにおける一社です。

 

活動写真